薬剤師の悩み

意外に多い。キャリアに悩む薬剤師

更新日:

nayamu_dansei-1

薬剤師のキャリアについて考えている人も多いと思います。
どういった事で悩んでいる人が多いのでしょうか?
また、解決する方法などはあるのでしょうか?

キャリアやスキルアップに悩む薬剤師は意外と多い

ドラッグストアや調剤薬局などで働いている薬剤師さんは、今後のキャリアについて悩んでいる人が意外と多いのです。
日々同じような業務の繰り返しで、最新の情報やスキルを身につけられないと行った事が苛立ちや焦りの原因になってしまうのです。
しかし、待遇面での不満はなく、転職するかどうか踏ん切りが付かないと言う人は多いのです。

薬剤師がキャリアップする方法

薬剤師がキャリアを目指す際にはどのようなことから始めればよいでしょうか?
まずは、どんな方法があるか考えてみましょう。

資格の取得

認定薬剤師・専門薬剤師などの資格を取得するのは、薬剤師のキャリアアップに役立ちます。
専門薬剤師になるには、特定分野に十分な知識とスキルが必要になる「認定薬剤師」を取得する必要があります。
その上で、研究活動などの実績を認められると専門薬剤師へなることができます。
中には認定薬剤師だけの資格や、認定薬剤師を経ずに最初から専門薬剤師を目指す資格もあります。
自分の専門領域を磨きたい人は認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得してキャリアアップにつなげると良いでしょう。

薬剤師のキャリアアップに役立つ主な資格
研修認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師
小児薬物療法認定薬剤師 がん専門薬剤師
精神科薬物療法認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師
腎臓病薬物療法認定薬剤師 スポーツファーマシスト
糖尿病療養指導士 日本褥瘡学会認定師

マネジメントスキルを磨く

マネジメントスキルを磨くのも薬剤師がキャリアップする上で重要な方法です。
直接的に薬剤師の仕事とは関係ないスキルのようにも見えますが、ドラッグストや調剤薬局で働く場合、薬剤師や他のメンバーを取りまとめるスキルを磨く事も大切です。

マネジメントスキルは磨こうと思ってもなかなか磨けるものではありませんが、積極的に人と関わることで徐々に能力が上がっていきます。

また、日々人に言われた通りの仕事をするだけでなく、全体を意識して皆が働きやすくする環境を作れば評価されやすくなるでしょう。

職場を変える

職場を変える事でもキャリアアップを目指すことができます。
全く別の職種に飛び込むことはもちろんですが、同じ職種の中でも店舗を変えるだけでも知識やスキルを上げる事は可能です。

例えば、小児科近くの調剤薬局から総合病院近くの調剤薬局へ職場を変えるというパターンです。
この場合、同じ調剤薬局でも職場が違うだけで処方する薬が違います。
また、求められるスキルや働き方も変わってきます。その為、スキルや新しい知識が身につきキャリアアップに繋がるのです。

キャリアアップで年収を上げる

キャリアアップで年収を上げるには特定分野のスキルや知識を伸ばすより、扱える薬の数を増やすほうが有利です。
特定分野の知識に偏ってしまうと、働ける職場が絞られてしまいます。

また、店舗側としても、知識が前職の薬ばかりに偏ってしまいっていて、自分たちの扱っている薬の事をあまり知らない薬剤師は採用しづらいのです。
その為に、キャリアアップを考えている薬剤師さんには知識が偏らないよう幅広い知識を付ける事をおすすめします。

キャリアアップをするには転職も有効

キャリアアップをするには転職することも有効です。
転職することで、知識量が増えたり、新しいスキルを身に付くことも少なくありません。

薬剤師は勤務する場所により業務が変わったり、扱う薬の種類が変わります。
同じ職場で働き続けると、知識やスキルが偏ってしまい、キャリアプランに影響を与えます。
キャリアアップやスキルアップには同じ職場で働くよりも、定期的に転職するのは有効なのです。

-薬剤師の悩み

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.