ドラッグストアへ転職

ドラッグストアへの転職

更新日:

これからドラッグストアで働こうと考えている人にとって、薬剤師がどんな業務をしているか気になると思います。
ドラッグストアでの業務内容を始め、ドラッグストアで働くメリット・デメリットなどについても掲載していますので確認してみましょう。

ドラッグストで働く薬剤師の業務内容

ドラッグストアでは医療薬を販売するのが主な業務です。
お客さんの病状や、要望を聞いて市販されている医療薬を選択して販売するのが業務ですので、医療薬の知識も勿論ですが接客スキルも必要になります。

また、ドラッグストアでは医療薬の販売だけでなく、食料品、日用雑貨などの販売も行っているため、それらの陳列、販売はもちろん、レジ打ちなども行う必要もあり幅広い業務内容をこなさなければなりません。

しかし、病院などに比べて医療薬に対して深い知識を要求される機会も少なく、人命に直接関わるような業務が少ないため、プレッシャーも少なく人気の転職先の一つになっています。

ドラッグストアで働くメリット

ドラッグストアは給料が良い

まずドラッグストアで働くメリットとして大きいのは、給料面で待遇が良いと言うことです。
調剤薬局や病院など他の職場と比べてもドラッストアで働く薬剤師の給料は高いです。
ドラッグストアで働く場合、正社員は450万から600万ほど、パートであっても、1800円から2500円ほどで雇ってもらえます。
一方、調剤薬局での正社員の場合は350万から600万ほど、病院薬剤師では400万円から500万ほどですので、ドラッストアで働く薬剤師は、その他の職場で働く薬剤師より給料面で優遇されていると言えます。

接客が好きな人には向いている

ドラッグストアでの主な業務は薬の販売業務です。その為、沢山のお客さんから薬の相談をされます。
「病院に行くほどではないが熱っぽい。鼻水が止まらない。」など様々な理由でお客さんが相談に来ますが、その相談に乗って、適切なアドバイスをする事にやりがいを感じる人には向いている職場と言えます。

企業規模が大きくしっかりした経営基盤を持った企業が多い

個人で経営している店舗が多い調剤薬局や病院とは違い、ドラッグストアの経営は大手企業が行っているため、倒産のリスクは少ないと言えるでしょう。
また、小さな個人経営と比べ、大手企業の方がマネジメントが行き届いている事が多く、安定して働ける職場環境といえるでしょう。

ドラッグストアで働くデメリット

ドラッグストアはハードワーク?

調剤薬局併設型のドラッグストアなど、一部の店舗ではハードワークになりがちな職場があるのは事実です。
薬の発注や管理、接客、処方箋の準備等、少ない人数でたくさんの業務をこなす必要があるからです。
薬剤師の人員が十分であれば、無理なくこなせるのですが、少ない店舗だとハードワーク気味になってしまう事がありますので、心配な場合は一度店舗に客として訪れたりして職場の雰囲気を確認したり、実際に働いている人の意見を聞いてみたりする等、事前の調査が大切になります。

スキルアップをしたい薬剤師には向いていない

スキルアップをしたいと考えている薬剤師にはドラッグストアはあまり合わないかも知れません。ドラッグストアでの業務は接客やレジ打ちなどの雑務が中心になってしまいます。

その為、高度な医療技術や最新の薬の情報に触れる機会が減ってしまいスキルアップしづらくなってしまうからです。
もし、スキルアップが目的であれば、ドラッグストよりも病院などで最新の医療や薬を学ぶ方が勉強になると思います。

増加するドラッグストアの求人数

近年、ドラッグストアで働く薬剤師が増加しています。その背景にはどの様な事情があるのでしょうか?

薬事法の改正


2009年の薬事法改正を受け、医療品販売の敷居が大きく下がりました。
この法改正を受け、コンビニや他業種から参入してくる企業が増加しました。
また、ドラッグストアも店舗数を増やし続け薬剤師の需要が増しています。
こうした背景には厚生労働省が、医療費の抑制に関連する事業を後押ししているという背景があります。

増える出店数

薬事法の改正の影響を受け、ドラッグストアの出店数が増加しています。
店舗数に合わせて薬剤師も雇う必要がある為、転職・就職先として増えているのです。
中には24時間営業している店舗もあり、たくさんの薬剤師を雇っている店舗も増えています。
それに伴い薬剤師不足傾向が続いていますので、ドラッグストは転職しやすく給料も高いため人気の転職先の1つです。

今後はドラッグストアどうなっていく?

今後しばらくはドラッグストアの出店数は増え続ける見込みですが、同時に「生き残れない店舗や企業も出始めるのでは?」と考えられています。
その為、合併など業界の再編が進み、薬剤師の職場環境も変わって行くかもしれません。
そういった背景を踏まえ、ドラッグストアで働く薬剤師は常に情報収集を行っておく必要があります。

業界の動向を見ながら自分に合った職場選びを

現在は旺盛なドラッグストアの薬剤師市場ですが、今後どのような変化をしていくのでしょうか?
業界の動向を見ながら働き方を考えたいものですね。

また、ドラッグストアに就職した場合は、接客や雑務が中心になってしまい、薬の最新情報に触れる機会が減ってしまいます。
その為、ドラッグストアから病院や製薬会社などの、より高度なスキルが必要になる職場には転職しづらくなるという事も知って置かなければなりません。

自分の性格やスキル、転職条件と照らしあわせた仕事選びが、今後より一層重要になってくると思われますので、日頃から情報収集を欠かさないようにしてください。

-ドラッグストアへ転職

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.