病院薬剤師へ転職

病院薬剤師の業務内容

更新日:

病院薬剤師はどのような業務をしているのでしょうか?
ドラッグストアや調剤薬局など、他の業務をしている薬剤師とはどの点が違うのでしょうか?
他の職種から病院薬剤師に転職する人は一度業務内容を確認してみましょう。

他の薬剤師との共通業務

近年、医薬分業が進められ通院患者は病院で薬を貰わなくても、近くの調剤薬局に行けば薬をもらえる様になり、それに伴い薬剤師の仕事も変化してきています。
まずは病院薬剤師と他の薬剤師の共通業務を確認してみましょう。

①調剤業務

病院勤務とはいっても、やはり薬剤師ですので、調剤業務は当然あります。
調剤業務には外来患者に渡す薬を調剤する「外来調剤」と入院患者に渡す「入院調剤」があります。
また、病院では注射薬の調剤などがありますので、病院ならではの調剤業務もあります。

②患者さんの声に耳を傾ける

患者さんとコミュニケーションをとり、普段飲んでいる薬の把握や、アレルギーの有無などを聞き出す事も薬剤師の大切な業務です。
患者さんの状態を把握する為にヒアリングして、色々と聞き出すのは病院薬剤師に限らず必要業務です。

③薬の説明をする

患者さんに薬の説明の説明をするのも当然必要です。
処方した薬についての説明をすることで患者さんの信頼を得られる為、薬の説明はもちろん、患者さんからの質問や、不安に思っていそうな事に答えてあげることで不安を取り除くことができます。

病院薬剤師ならではの業務

①病院での薬剤の相談

医師や看護師などに薬の専門家として薬の知識や情報をアドバイスしたりする必要があります。
医師と一緒に患者さんにとって安全で効果的な薬を投与して治療を行う必要がありますので、とても重要な仕事と言えます。

②医療チームの一員として各部門との連携を行う

病院薬剤師は医療チームの一員として各部門との連携がとても大切な要素になってきます。
特に看護師と接することが多く、良好な人間関係を築く為にもコミュニケーションが特に大切になってきます。
また、忙しい医療現場では些細な事が原因で人間関係が悪くなってしまうこともある為、注意が必要です。

③入院患者への対応

入院患者さんに服薬指導や薬効を確認したりします。
常に入院患者さんと向き合い病状回復の手助けをするのが薬剤師の大切な業務です。
処方箋を受け取って調剤するだけではなく、日々患者さんと接しながら医療チームの一員として治療をサポートしていきます。

まとめ


病院では薬に対する知識はもちろん、医療チームの一員として業務をこなす必要があります。また、入院患者さんとのコミュニケーションも大切な業務の1つです。

大変な業務といえますが、病気で苦しんでいる患者さんを助ける、とても大切な業務ですので、非常にやりがいのある仕事と言えます。
また、入院患者さんとコミュニケーションを取り、回復していく様子を見られるのは病院薬剤師ならではです。

大変な業務ではあるものの、やりがいがあるのが病院薬剤師といえるでしょう。

-病院薬剤師へ転職

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.