薬剤師転職サイト比較

薬剤師の転職先別おすすめサイト

更新日:

薬剤師の転職先はドラッグストアや調剤薬局、病院やクリニック、製薬会社など幅広くあります。
選んだ転職先ごとに転職のしやすさが変わったり、給料・業務内容がかわりますので慎重に選びたいところです。

今回は薬剤師の主な転職先について紹介していますので参考にしてください。

いろいろある薬剤師の転職先

それではいろいろある薬剤師の転職先について簡単に説明してきます。

ドラッグストア

ドラッグストアでの業務は薬を買いに来たお客さんへ薬の説明をしたりして接客する事が主な業務内容です。
また、売り場作りやレジ打ちなども覚える必要がありますので、業務内容は幅広いです。

ドラッグストアは年中無休で営業している店も多く、ちゃんと休みを取れるか心配なところですが、ある程度の規模の店舗であれば薬剤師が複数人在籍していますので、休みが取れないということもありません。

調剤薬局

調剤薬局での薬剤師の業務は、病院から出された処方箋を元に薬を調剤する調剤業務。
患者さんに薬の服薬方法や、効能など薬の正しい使い方などを指導したり、患者さんとコミュニケーションを取り薬の感想や効果を確認する服薬指導もします。
また、患者さんごとに薬歴を記録し、重複投与や副作用が出ないように管理する薬歴管理などが主な業務内容になります。

調剤薬局は基本的にはシフト制ですが「病院の近く」や「駅前」といった立地の違いによって営業時間や働き方が異なる場合があります。

病院・クリニック

入院患者さんなどに薬の説明や情報提供をしたり、患者さんからの質問や相談に答えたりする服薬の説明業務。
病院内で使用する薬剤や注射薬の調剤といった調剤業務、そして病院内の薬の管理などが主な仕事になります。

また、病院内にはたくさんの薬がありますので、薬の効能や副作用といった情報を把握し、薬の専門家として医師や看護師に薬の最新情報を提供し医療現場を支える重要な役割も担っています。

製薬会社

製薬会社で働く薬剤師は主に薬の営業を行うMRと、新薬の研究・開発をする開発職にわかれます。

MRの業務

所属する製薬会社の製品を医師に使ってもらえるように売り込む事が主な業務になります。
医療品への専門的な知識やコミュニケーション能力などが求められる現場です。
営業職であるため結果を求められますが、高い営業成績を上げる事で収入はどんどん上がっていきます。

新薬の開発職の業務

医療品になる可能性のある物質を探したり、文献や特許を調べたり、市場調査を行い売れる薬を研究・開発するのが主な業務です。
日々研究所で新薬の研究をする必要がある為、開発職に就くにはハイレベルな薬の知識が要求されます。

転職先のごとの難易度

続いて薬剤の転職のしやすさについて紹介していきます。

店舗数が増え転職しやすいドラッグストア


最近ですとドラッグストアが急速に店舗数を増やしており、ドラッグストアの店舗で働く薬剤師も増えました。

薬を販売する為には最低一人以上薬剤師を置かなければなりませんので、店舗が増えれば増えるほど働き口が増えると言った状況です。
そういった状況を踏まえ、薬剤師であればドラッグストアは転職しやすいと職場と言えるでしょう。

ドラッグストアに転職するならこのサイト
どの転職サイトでも沢山紹介されています。大手転職サイトであればどこに登録しても転職先探しに困ることはないでしょう。
マイナビ薬剤師はその中でも特にキャリアコンサルタントの質が高く評判の良い転職サイトです。
転職を成功させるためにはキャリアコンサルタントとの連携が重要です。
マイナビ薬剤師は直接対面で相談できる「面談会」を行っていますので安心です。

比較的転職しやすい調剤薬局


調剤薬局も薬剤師の転職先としてメジャーな職場の1つです。

その為、求人数の多さから転職しやすく、業務内容も調剤や服薬指導・薬剤管理など、薬剤師であればわかりやすい業務が多く安定して働ける職場と言えます。

調剤薬局に転職するならこのサイト
リクナビ薬剤師は紹介されている調剤薬局の求人数が多く、全国を網羅しています。
また、大手企業とのつながりも強いため高待遇の求人も多数扱っています。

履歴書の書き方や面接の指導までしてくれるから、転職の成功確率を上げることができます。

数の割に転職が難しい病院薬剤師


病院は薬剤師に人気の求人です。給料は他の職場と比べ低いものの、最新の医療を学べ成長する機会が多く勉強になるからです。

薬局などから病院薬剤師への転職は難しく病院薬剤師を目指す場合には苦労するかもしれません。
しかし、患者さんの治療をしていく中で医療へ深く関わり、薬剤師の重要性や貢献度を実感する事も多く勉強になる職場です。

病院の求人が多いのはこの転職サイト
薬キャリ(エムスリーキャリア)の親会社であるエムスリーはM3.comという医療関係者向けのポータルサイトを運営しています。

ですから、病院を含めた医療の現場へ太いパイプを持っており、他では出てこない条件の良い求人を保有している可能性が高いです。
また、医療現場をよく知ってるので、適切なアドバイスを貰えます。
病院への転職を考えているのであれば薬キャリがおすすめです。

求人数が少なく転職の難しい製薬会社


製薬会社への転職はドラッグストアや調剤薬局など他の職場とと比べ難しいといえます。

というのも求人数が他の職場と比べ少なく、転職のチャンスが少ないためです。

また、新薬開発が難しくなり製薬会社は苦境に喘いでいます。
そういった背景も含め、今では製薬会社への転職は難しいと言えるでしょう。

成績次第で給料が上がるMR

MRは営業職ですから、成績次第でどんどん給料が上がっていきます。
成績次第では20代、30代でも年収が1000万円を超える事も十分考えられます。

ただし、実力社会ですから成績が上がらなければ給料も上がらないことを覚えておきましょう。
その分、リターンが大きいため結果が出た際の喜びは大きいでしょう。

向き不向きがあるため誰にでもおすすめできる職場ではありませんが、コミュニケーション能力に自信があればチャレンジしてみると良いでしょう。

他にもある薬剤師の転職先

今回紹介した以外にも、薬剤師の転職先は色々あります。
数は少ないですが、化粧品メーカー、治験コーディネーターなどの職場で働いている薬剤師も居ます。

化粧品メーカー

化粧品メーカー では、化粧品の成分を研究したり、肌への影響・効果を調べたりします。
また、化粧品の品質管理や薬事法の確認等が主な業務です。

治験コーディネーター

治験コーディネーターの業務は多岐に渡り医療機関や治験の内容によって異なります。
主な業務内容としては病院内で患者さんと接し治験内容の説明・不安の解消といった心理的負担を和らげる為の相談相手として、被験者サポートします。

このように一口に薬剤師といっても様々な転職先があり、業務内容は全く異なってきます。

まとめ

転職をする理由は人それぞれですが、共通して言えるのは、転職先の職場環境や、業務内容の確認といったです。

薬剤師同士で交流を図ったり、転職サイトに登録して情報を集めるのも良いでしょう。

もし相談する相手が居ない場合でも、転職サイトに登録してキャリアコンサルタントに相談する事で、転職先の雰囲気や人間関係などの情報を教えてもらえます。

転職を考えているけど何をしたらいいかわからない人は、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することおすすめします。

-薬剤師転職サイト比較

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.