薬剤師の転職活動

薬剤師のライフスタイルの変化に併た転職

更新日:

weddings-1

薬剤師というのは、女性が多い職種です。
その為、結婚や育児などでライフスタイルが変わり転職する人も多いのです。
幸い薬剤師は正社員はもちろん、パートや派遣の仕事も充実していますので、ライフスタイルの変化にともない自分に合った働き方が選べるのです。

薬剤師のライフスタイルの変化

結婚や出産

冒頭でも触れましたが薬剤師は女性が多い職場です。
その為、結婚や出産を気に転職や退職をする薬剤師は多いのです。

結婚出産を考えたときには、ハードな仕事をしながら子供を育てていくことに不安を感じるかもしれません。

たとえば、大手製薬会社で開発に携わっていたり、MRとして広報活動を行っていた場合には残業や出張も多く、仕事と家庭の両立が難しくなるでしょう。
もちろん、近くにサポートをしてくれる人がいればいいのですが、それが見込めない場合はもっと負担の少ない仕事に転職を考える薬剤師も多くいるでしょう。

引っ越し

住み替え、転勤、契約更新など様々な理由で引っ越しする人も多いと思いますが、引っ越しをすることで職場から離れてしまい、通勤時間などの関係で転職する人も居ると思います。

女性の場合は特に旦那さんの転勤で一緒に引っ越しする事も考えられます。
引っ越しにの為に転職するパターンも決して少なくないのです。

薬剤師のライフスタイルに合わせた働き方

それではそんなライフスタイルの変化に合わせた働き方を見ていきましょう。

正社員は高待遇で働ける

まず正社員として働く場合は各種保険が整っていたり待遇面で優遇されていたりと様々なメリットがあります。
特に独身のうちは正社員としてバリバリ働きたいと考えている人も多いでしょう。
待遇面で優れている反面、融通が聞きづらく責任も伴いますのでお子さんの居る主婦などは正社員として働くのは大変かもしれません。

薬剤師はパートも求人も充実している

それではパートとして働くのはどうでしょうか?
実は薬剤師の仕事はパートの求人もとても充実しているのです。
パートの場合は週3日~の勤務ということも可能です。

正社員よりも融通が聞くため、お子さんの居る方にはおすすめの働き方です。
また、薬剤師のパートは時給が高く、最大で4000円程度の時給がもらえる職場もあります。
まだまだ、薬剤師の需要は高いのでドラッグストアや調剤薬局であればすぐに職場が見つかるでしょう。

派遣社員として働く場合は長期休暇も取りやすい

最近、注目されているのは派遣社員として働くことです。
派遣社員として働く場合は直接、ドラッグストアや調剤薬局と契約を結ぶわけではなく、派遣会社に登録し時給や日程の交渉を行って派遣先のドラッグストアや調剤薬局で働くのです。
契約が切れたら別の派遣先で仕事を行うため、同じ職場にとどまり続ける事は難しいのですが、正社員やパートと違い契約が終わったら長期休暇を取ると言った働き方も可能ですので自由度の高い働き方と言えるでしょう。

自分の状況に合わせた働き方を選ぶ

正社員、パート、派遣社員と言った働き方が薬剤師は選ぶことが出来ます。

正社員の場合は融通は効きませんが平均年収は530万ほどと一般的なサラリーマンの430万に比べ100万円程高いです。

また、パートの場合は時給が2000円〜4000円程、派遣社員の場合も2000円から4500円程と一般的なパート(飲食店の場合は850円〜1200円程)と比べると非常に高いです。

自由な働き方を選びながら高待遇で仕事が出来る薬剤師のメリットを活かして自分のライフスタイルに合わせた働き方をしましょう。

-薬剤師の転職活動

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.