薬剤師の転職理由

薬剤師の結婚よる退職・転職

更新日:

女性の社会進出に伴い、結婚しても仕事を続ける女性も増えました。
しかし、結婚や出産などで退職や転職をする人も多く居ます。

どのタイミングでの退職や転職が良いのでしょうか?

結婚?出産?度のタイミングでの転職が良い?

結婚を機に退職・転職するタイミングはどれが良いのでしょうか?

元々同棲していた人以外は結婚を機に引っ越しをする人も多いでしょう。
引っ越ししたりすれば職場から遠くなる可能性もあります。

また、結婚後は出産・育児など人生の一大イベントが控えています。
結婚後、転職・退職 するタイミングは人それぞれですが、一度検討してみましょう。

結婚を機に退職

結婚をしたらそのまま家庭に入り、今の職場を退職してしまうというパターンです。
新婚という楽しい時期を大切にする事ができますし、結婚生活の準備などが出来る為、この時期に退職という人も多いでしょう。
また、旦那さんと同棲するための新居から職場までが遠いので退職と言う人もいます。
この時事に退職をする場合は、旦那さんの収入だけで二人の生活を維持しなければなりませんので共働きしている人よりは経済的に厳しくなりがちです。
今後の計画などを旦那さんと相談して退職時期を決める方が家計の為と言えるでしょう。

妊娠がわかったら退職

妊娠を機に退職するパターンです。妊娠が発覚し子供が産まれるまでの間に子育での準備ができます。
妊娠した状態で仕事を続けるのは母体にも負担がかかります。
職場にもよりますが、立ち仕事の多い薬剤師を続けるのは特に大変でしょう。
その為、妊娠がわかったら退職という人も多いのです。

今の時代旦那さんの収入だけでは心もとなく、結婚しても妊娠する前は仕事を続ける人が増えています。
経済状況と育児のバランスを考えると、この時期での退職は有効なタイミングと言えるでしょう。

職場に復帰するタイミング

yakuzaishi-onna-1
薬剤師として職場に復帰するタイミングはいつが良いでしょうか?
あまり、ブランクが空いてしまうと仕事についていけるか不安に思う人もいるでしょう。
せっかく苦労して手に入れた薬剤師資格です。
家計を支えるためにも有効に使いましょう。

出産が終わってからの復職

出産が終わったら、家計を支えるためにすぐに復職すると言う人もいます。

これは家庭ごとに状況が異なります。
小さな子どもを託児所などに預けて、二人で家計を支えるために働くのです。
最近では経済状況の苦しさからこういった人も増えました。
その点、薬剤師であれはパートでも時給が高く、また復職しやすいです。
薬剤師資格をフル活用して家計をしっかり支え家族の幸せを守っていきましょう。

子供が大きくなってからの復職

子供がある程度大きくなって手がかからなくなったタイミングでの復職です。
育児で忙しい時に比べ生活がだいぶ落ち着いているので、復職するにも良いタイミングと言えます。

その場合は薬剤師をやめてからブランクが空いてしまっている事が多いので転職で苦労事もあるでしょう。
しかし、現状は薬剤師不足のためパートやアルバイトであればまだまだ引く手数多です。
また、薬剤師であれば高額の時給が期待できる為、薬剤師のパートやアルバイトは非常におすすめです。

薬剤師資格をフル活用して家計を支える

「子育てが落ち着いて復職したい。」「ローンなどで支払いが増えて家計を支える必要が出た。」といった理由で薬剤師を復職したい人もいるでしょう。
そんな時でも薬剤師の資格があれば、復職しやすく高い時給で働く事ができます。

薬剤師の仕事にブランクがある場合は、いきなり復帰することに不安を感じる人も居るでしょう。
そんな時は知り合いの薬剤師や、薬剤師専用の転職サイトなどを通じて情報を集めておくことをおすすめします。

以前薬剤師として働いていた時と、状況が変わっている可能性があります。
復職に失敗しないためにも事前の情報収集が重要になってきます。

薬剤師転職サイトなら手軽に利用できる

薬剤師の転職サイトなら簡単に情報収集ができます。
時給や勤務地、休日などの様々な条件から検索することが出来ますので、現在の生活に合わせた条件で職場を見つけることが出来るでしょう。

また、サイトに登録することでキャリアコンサルタントに相談する事が出来るようになります。
以前の職場との違いや、ブランクが開いてしまった事による不安などを相談すれば、きっと親身になって応えてくれるでしょう。

復職の第一歩として薬剤師専用の転職サイトの利用はおすすめです。

-薬剤師の転職理由

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.