薬剤師の悩み

ストレスが溜まりやすい!?薬剤師の悩み

更新日:


日々業務を続ける中で薬剤師はどのようなストレスや悩みを抱えているのでしょうか?
薬剤師のストレスや悩みの原因について考え、解決の方法を探しましょう。

薬剤師が感じる主な悩み

人間関係

どこの職場でもありがちですが、やはり人間関係に悩む薬剤師は多いです。
特に薬剤師の場合は病院、ドラッグストア、調剤薬局などどこの職場も狭い人間関係で働かなくてはなりません。
その為、人間関係がうまくいっているうちは良いですが、一度こじれると中々修復が難しいのです。

また、女性が多い職場環境と言う点も人間関係をより複雑なものにする要因の1つです。
そういった背景から人間関係で悩む薬剤師は意外と多いのです。

給料への不満

薬剤師の給料は大体533万円です。それに対して、一般的なサラリーマンは409万円程の給料水準です。
比較してみると、100万以上も給料が高いのですが、それでも給料への不満を抱く薬剤師は意外と多いのです。

薬剤師になるには6年生の薬学部を卒業する必要があります。
その後、薬剤師の国家資格を取得する必要がありますので、薬剤師になる為のハードルは高いのです。
また、薬剤師になった後も薬剤の勉強を続けなければいけませんので、割にあわないと感じる人も多いのです。
そのような状況から給料に対する不満を持っている薬剤師が多くても不思議ではありません。

休みが取れない

休みが取れるかどうかは職場環境によります。
しかし、現状は休みが取りづらい職場も多くそれが不満の原因になっている薬剤師も多くいるのです。
特にドラッグストア、調剤薬局などはシフト制の職場が多く、大手でない限り薬剤師を沢山抱えることができません。
その為、限られた人数でシフトを回す必要がでてきますので休みが取りづらい状況にあるのです。

忙しい業務

業務の忙しさについても、休みの取りやすさ同様職場環境によります。
やはり薬剤師の人手不足が忙しさの原因になっていることが多く、大手よりは中小規模のドラッグストアや調剤薬局などで働いている薬剤師が忙しくなりがちです。
また、病院薬剤師も忙しい所が多く、特にインフルエンザが増える時期などは繁忙期で非常に忙しくなるでしょう。
そういった業務の忙しさにストレスを感じる薬剤師が多いのです。

薬剤師の悩みを解決する方法


ストレスや悩みを抱えても真面目な人ほど我慢してしまいがちです。
しかし、我慢はよくありません。
どこかで心がポッキリ折れてうつ病などの病気になってしまうかもしれません。
ストレスが溜まったら放置しておくのではなく、何らかの対策を取る必要があります。
友達に愚痴を言うことも大切です。
自分の中に溜め込んで居る不満は、いつか爆発してしまいます。
爆発してしまう前に我慢するのではなく行動を起こしてください。

カウンセリングを受ける

最近だと、心療内科や病院など職場の悩みを相談できる場所が増えてきました。
そういったカンセリングを受けることにより心の負担を和らげる事ができるかもしれません。
心療内科などのカウンセリングでは話を聞いてくれ相談に乗ってくれたり、ストレスへの適切な対処法や人間関係の上手な築き方などを教えてくれます。
もし、そういった事で悩んでいるのであればカウンセリングを利用してみるのも1つの手です。

信頼できる人に相談を

カウンセリングを受けるほどではないけど悩みを抱えているという人も多いでしょう。
もし、そういった状況であれば、悩みをちゃんと聞いてくれる相談相手を見つけると良いでしょう。
仮に抜本的な解決にはならなくても、相談することで気が楽になります。
また相談した人が直接的、あるいは間接的に働きかけてくれて人間関係の修復であったりサポートをしてくれるかもしれません。

相談相手は職場の人でなくても知人・友人誰でも良いので悩みを話してみましょう。
直接職場とつながりがないからこそ、客観的に悩みを聞いてアドバイスをしてくれるかもしれません。
ただし、相談する際の人選は非常に重要です。
愚痴や悪口が巡り巡って職場の別の人に知られたら厄介です。
相談する際にはそういったリスクがある事も念頭に入れておきましょう。

一番確実なのは転職

ストレスや悩みを抱えて心を病んでしまっては元も子もありません。
悩みを解決する一番確実な方法は転職と言えるでしょう。
薬剤師は比較的転職がしやすいので、すぐに次の転職先も見つかるはずです。
いきなり転職するのに抵抗がある人は転職サイトに登録をしてキャリアコンサルタントにアドバイスを聞いたり相談に乗ってもらうなどして情報集めからすると良いでしょう。
転職を成功させるには日頃から情報収集して、自分の働きたい職場に目星を付けておくことが大切です。

本サイトでおすすめしている転職サイトを参考にして登録をしてみると良いでしょう。

仕事で悩んだら心を病んでしまう前に行動を

仕事で悩んだら、いつまでも考え込んでいるのではなく勇気を持って行動しましょう。
相談するにしても、転職するにしても最初は勇気の居ることですが、行動を起こすことで現状を変えることが出来ます。
自分にとってハードルの低いことから少しずつ始めてみると良いでしょう。

最近では薬剤師専門の転職サイトが増えてきて転職のハードルも大きく下がりました。
まずは情報を集めることも大切ですのではじめの一歩を踏み出しましょう。

特にマイナビ、リクナビなどの転職サイトであれば企業の知名度・信頼度が高く利用しやすいのではないでしょうか?
いつまでも悩んでいるのではなく勇気をもって最初の一歩を踏み出しましょう。

薬剤師の転職サイトおすすめランキング

マイナビ薬剤師

  • 人材紹介企業大手である「株式会社マイナビ」が運営しています。特に20代〜30代の若手層から人気です。
  • 20名以上の薬剤師専門のキャリアコンサルタントが在籍しており安心して相談する事ができます。
運営会社 株式会社マイナビ
求人数 40,000件以上
対応エリア 全国
利用料金 無料

リクナビ薬剤師

  • 年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営
  • 「求人数」は業界トップクラスで大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院などの求人に対応可能です。
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
求人数 35,000件以上
対応エリア 全国
利用料金 無料

薬キャリ

  • 業界最大手のエムスリーグループが運営する薬剤師専用の求人サイトで信頼感があります。
  • 病院や調剤薬局の求人に強く、業界や勤務形態を問わず幅広いご希望に対応しています。
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
求人数 40,000件以上
対応エリア 全国
利用料金 無料

-薬剤師の悩み

Copyright© 薬剤師転職ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.